税理士法人の方に所得税の医療費控除について教えて下さい

医療費控除はよく全額戻ってくると勘違いしてる方が多いようです。実際は、10万円超えたら一部戻ってくるという仕組みです。しかし、10万円超えたとしても、戻ってくるのは所得に応じて違ってくるそうです。医療費控除の対象の中に治療目的であれば市販薬も対象になっています。所得税の医療費控除について、税理士法人の方に質問させていただきます。医療費控除となる医療費の内容、金額を教えて下さい。医療費が10万円を超えると、控除になると聞きました。病院に通っているので、領収書は取っておいてあります。
病院に通っている医療費以外にも、薬局で購入した風邪薬、目薬、薬ならすべて医療費に入ると聞きましたが、実際はどうなのでしょうか。そちらはレシートを取っておいてありますが、控除の対象に入りますでしょうか。所得税の医療費控除されることでどれくらいの金額になるのか、税理士法人の方にお答えしていただきたいです。
東京都の税理士法人さんにお尋ねします。年10万円を超える医療費については控除対象となりますよね。医療費って結構しらないうちに使ってます。歯医者なんか通わないといけないので、1万円以上かかることもあります。なので、領収証などきちんと1年分保管しておくといいですよね。うちはいつも保管して医療費控除の申請をしています。
東京都の税理士法人の方に確定申告などで困ったことがあれば、相談してみましょう。もうすぐ12月も終わります。生命保険などに加入しているのであれば、年末控除の証明などが送られてくると思います。あの証明書を提出すれば、最大5万円までの控除が受けられるんですね。そのほかに医療費で10万円以上支払った場合も控除の対象になりますので、領収書などはとっておくようにしましょう。

Copyright ©All rights reserved.東京都の税理士会計士情報 .